ランニング生活を支えてくれるガーミン235J!使い方や機能のレビュー

f:id:kanri345:20190915204835p:plain
ガーミン235J

GPSランニングウォッチとして人気の高いガーミンの、ForeAthlete235Jについての使い方の説明や使ってみてのレビューを書いていきたいと思います。

私はランニングを始めてすぐ、友人から言われてガーミンのランニングウォッチを使い始めました。

以前はこんなランニングウォッチがあることを知りませんでしたね。

でも今では、このガーミンの時計を手放したくないくらいにお世話になっています!

値段は結構するけれども、値段に合った、むしろ値段以上の価値があると思っています。

ガーミン235Jの素晴らしさをぜひ知ってもらいたいと思い、機能や使い方についてまとめました!

ランニングウォッチを使うメリット

ガーミンの時計を使う以前は、ランニングウォッチのことすら知りませんでした。

GPSが付いていれば走行した距離やルートがはっきり分かってそれをデータとして残しておくことができます。

タイムはもちろん測れるし歩数も分かるし、心拍数も測れる優れものがあるなんて知りませんでした。

本格的にランニングを始めたなら正確なタイムやペースを知りたいですよね。

ランニングウォッチはガーミンが人気らしいですが、マラソンを長年している友人も、ガーミンが一番良いと言っていました。

ガーミン235Jの機能や使い方は?

ガーミン235Jはこんな感じの箱に入っています。私が使っているのはオレンジ色のベルトのウォッチです。

ガーミンの時計は、結構良いお値段がしますけど、使える機能が満載で買う価値が本当にあると思います。

ランニングする時はもちろん、普段学校へ行く時なども一日中常に身に付けています。

見た目がかっこよくて、どんな服装にも合うと思います。

夏祭りで浴衣を着る時なんかも、私はこのガーミンの時計を付けていきます(笑)

色んな人からかっこいい、凄いなんて褒められますよ!

ウィジェット

普段の画面はこんな感じです。

画面が大きくて見やすいです。衛生信号を捕捉して正確な時間が表示されます。

左の赤いバーは、どのくらいの時間動いていないかを示しています。

上下ボタンを押すと画面が切り替わります。

こちらは心拍の画面です。

ガーミン235Jは光学式心拍計が内蔵されていて、手首に装着するだけで心拍数を計測してくれます。

光学式心拍計が内蔵されていない時計だと別売りの胸周りに装着する心拍計を買わないといけないのでかなり面倒です。

私も最初はガーミン230Jを買ったのですが、心拍数を測りたくて235Jを買い直しました。

この光学式心拍計が付いていることによりリカバリータイムVO2max(最大酸素摂取量)が分かります。

こちらがリカバリータイムです。

リカバリータイムは、どれくらいの時間を空けたら体が回復するかの時間です。

こちらがVO2max(最大酸素摂取量)です。

レーニングをした際、一分間に取り込める酸素の摂取量を表します。値が大きくなるほど持久力が向上していることを示すので、もっと上を目指したいです。


そしてこちらのライフログのページです。

一日の歩数、移動距離、消費カロリーが分かります。歩数や消費カロリーが分かるとモチベーションが上がりますよね!

この他にも、スマホとペアリングしていたらカレンダー、天気、通知といったページが表示されます。

また後程書きますが、ガーミンコネクト(Garmin Connect)のアプリで時計の表示を色々と変えることができますよ。

メインページ

こちらがメインページです。現在はランになっていますが、ラン屋内、バイクなどにも設定することができます。

さらにタイマーキーを押すとトレーニングのページに移ります。

GPS機能によってランニングした距離、タイム、ペースなどがトレーニング中に分かります。

上下ボタンを押すとさらに心拍数やラップタイム、時刻なども見ることができます。

ガーミンコネクトのアプリでは、GPSによって実際に走った道を知ることができます。

記録したトレーニング内容は履歴から見ることができます。トレーニングの消費カロリー、平均心拍なども記録されています。

1キロ走る時間や最長ランニングなど自己ベストも記録されるのでこれもモチベーションアップに繋がります!

この他にも、アラーム機能もあるので目覚まし時計代わりに使うことができます。

防水性能

ガーミン235Jの防水性能は、50m防水です。

防水性能のことについて何も知らなかったので調べてみると、50m防水は水泳、急流下り、水仕事、釣りなどに耐えられるレベルだそうです。

雨の日でも付けて走ることができます。

水泳でも使えるということですが、235Jではアクティビティに水泳の項目が無いので、使う時は「その他」を選べば良いですね。

ただ、市民プールとかだと他の方とぶつかった時など危険性があるので、腕時計を付けて泳ぐのは禁止されています。

雨が降っていても気にせず走ることができるので便利です!

traninglife.hatenablog.com

ガーミンコネクトモバイルとのペアリング

アプリ【ガーミンコネクトモバイル】とのペアリング方法についてご紹介します。

ペアリングの仕方、機能

ガーミン235Jは、Bluetoothスマホとペアリングするとデータの送信などができるようになります。

スマホGarmin Connectのアプリを検索してダウンロードしてください。

スマホ、ガーミン235JのBluetoothを有効にして、ガーミンコネクトモバイルを開いて指示に沿って操作していくとペアリングできると思います。

ガーミンコネクトでは、記録したトレーニングのデータを分かりやすく見ることができます。

実際に走った道を地図で見ることができ、またトレーニング中のペースや心拍数の変化がグラフで見ることができます。

時計の画面で見るよりスマホで見る方が見やすくてとても良いです!

これは私が東京に旅行した時にランニングした時のデータです。

簡単に見ることができて、過去のデータを見ていくのが楽しいです。

ガーミンのランニングウォッチを買ったら、ぜひガーミンコネクトモバイルとペアリングしてデータの管理を行ってください。

コネクション

Facebookgoogleとガーミンコネクトをリンクさせると、同じくガーミンコネクトを使用している友人と、プロフィールやアクティビティのデータを共有することができます。

公開したいアクティビティのデータなどは選択できるので、見せてもいいデータを設定しておくと自分が走った距離やルートを相手も見ることができます。

私もガーミンを使っている友人と走った距離やステップ数を競争して楽しんでいます。

Connect IQ

Connect IQストアにアクセスすると、このような画面が出てきます。

コネクトIQでは、ウォッチフェイス、ウィジェット、アプリ、データフィールドのデータがダウンロードでき、ガーミンの時計の表示の仕方を変えることができます。


例えば、ウォッチフェイスのGarminをダウンロードして表示を変えるとこのようになります。

いくつかやってみましたが、私は今まで通りの表示が好きかなぁという感じです(笑)

色々ダウンロードして自分だけのオリジナルなガーミンの時計にカスタマイズできるのが良いですね。

ガーミン235Jを持つとモチベーションアップになる!

ランニングなどのトレーニングには、GPSウォッチが欠かせません。

さらに心拍数が測れる、画面が見やすい、データをスマホで管理できる、何より付けているとかっこいい!そんなガーミン235Jはランニング、サイクリングをする人に本当におすすめです!

良いお値段がするので、できるだけ長くこの時計と一緒に過ごしていけたら良いなと思います。

GPSランニングウォッチを購入する際参考にしていただけたら幸いです。